プロフィール

ツバキアンナ

Author:ツバキアンナ
画を描いたり、意匠を考えたりしながら、酒呑み&そのためのランだけは頑張ってる日々。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム
最近のコメント
リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年もまた北上の芸能まつりが...!かれこれ3年連続??岩手に毎年通ってますよ。
ていうか、この芸能まつり以外にも行ってるので北上来訪は何度目だか覚えてませんが。

ええぇえ、、、ただ今回は一人でも友達と、でもなく子連れっす。
姪っ子(9才)との二人旅。夏休みに情操教育の一環!?みたいな。

子供の目線では郷土芸能は私のようにガッツリ惚れるということはないだろうけど
それでも1シーンでも覚えていてくれたらと思い、連れていきました。
日舞やってる子なので多少は踊りには興味を持ってくれるに違いない。。。。と勝手に思いつつ。
DSCN5799.jpg
北上駅前に着いた時から、もう目の前に数多の郷土芸能が披露されています。
東京近郊の祭では私はテープ(CD?)でお囃子を流してるのが普通だと思っていますが、
北上ではずっと全部「生」です。
太鼓、笛、何とか、、、(シャンシャンなる小さいシンバルみたいなの)とか
どこに行っても生音ライブが聞こえるのです。
あぁ、もうそれだけで私は幸せ。

DSCN5821.jpg
まずは毎年必ず見ている鹿たち。

DSCN5809.jpg
鹿踊(ししおどり)の団体も多数あり、少しずつ違いがあるのが見れば見るほどわかるようになってきました。
この鹿の髪みたいに振り乱されているのはで出来ているのだそうです。

DSCN5813.jpg
トランスな太鼓がもう、、、腹に響きます。脳にもキます。
縄文に、より近い東の文化、最高です。
京都で感じる渡来系の匂いはまったく無し、大地から感じるエネルギーなど
蝦夷の素晴らしさ、東北のこの地で、みっちり感じさせていただきます。

DSCN5830.jpg
鹿。

DSCN5841.jpg
谷地鬼剣舞
たくさん撮ったけど、全部ひどい写真、、、、動いてる被写体は難しいですね。
そもそもこの谷地の青鬼さんに北上を紹介していただいたのです。
この大通りはこの時間、鬼鬼鬼、、、で埋め尽くされます。


谷地ではないのですが、これは私、現場で見てました。2年前?

DSCN5857.jpg
姪に面をつけてもらいました。
鬼はこんな顔をしています。

DSCN5834.jpg
中野七頭舞
岩手の郷土芸能の1つです。
このリーダーというか頭首?というか、な、オジサンが超かっこいいのです。
年に1度見るだけですが私はこのオジサンに惚れています。
見事な重心。安定した下半身。声の素晴らしさ、どれを取っても見事。


最初に登場する手前の方です。これも多分私現場にいました。


姪っ子の心にはどのシーンがきざまれたのか分からないけど
1コマ、1シーンだけでも大きくなってからも覚えていてくれればありがたいっす。
道中、小学校の担当の先生に暑中見舞を書いてましたが、鹿の絵を描いてました。

「まつり」ってなかなか体感しにくいと言いますか
「とりあえず盛り上がろう」っていうのも祭の大事な要素ではあるけど
私はやっぱり「五穀豊穣」とか神に祈るという大義名分付きで酔ってしまえ~的なものが好きです。
そして縄文系といいますか、日本人が元々持っていた大地との共鳴とか
うまく言えないけど
そんなのを表現したものがずっと残ってくれるといいなと思います。
、、、って結構縄文系な自分がつきあう男はガツガツした渡来系ばかりですが。
京都の上方系の伝統も好きですが
東の果てで脈々と残る元祖日本人の血を感じるこの祭も素晴らしい。

数えきれないほどの民俗芸能の団体が一堂に会すのは本当に圧巻。

京都など、ないしは青森のねぷたなどに比べてもなかなかメディアも取り上げないし
渋すぎるというところがありますが
誰が見ても感じるものはあるはず(DNA的に)なので
是非是非ちょっとでも興味を抱いていただければと思うのです。

去年とかあまり見かけなかった外国人観光客、今年は結構いましたよ。
意外と外人の方がこういうのにすぐ興味持ったりするんですよね、友達とか見ててもそうですが。
そんな逆輸入でもいいので、多くの人に、東北の芸能に興味を持ってもらえたらなぁと
陰ながら思っております。
スポンサーサイト
個人的にも大好きな岩手の三大芸能を見抜いてしまうとは。。。流石です。神楽も良いですよ!
私事ですが。仕事の都合上。。。
岩崎伝京都鬼剣舞さんに出稽古参加する事になりました。
京都鬼剣舞さんの公演も是非観に来て下さい!!
【2009/08/09 Sun】 URL // ろん #- [ 編集 ]
◆ろんさん、
京都にも鬼剣舞があるのですね!!
京都はよく行くので、イベントなどと重なる日が来る事を願います。
諏訪神社の神楽も参拝してもちろん見ましたよー。
なかなか子供の目には難しいものがあったようですが、獅子というか権現さまには注目していました。
ご活動、陰ながら応援しております!!!
【2009/08/12 Wed】 URL // ANNA #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://anna69s.blog101.fc2.com/tb.php/413-386b1e90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2007 ANNA69s all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。