プロフィール

ツバキアンナ

Author:ツバキアンナ
画を描いたり、意匠を考えたりしながら、酒呑み&そのためのランだけは頑張ってる日々。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム
最近のコメント
リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
江戸東京博物館で今、浮世絵展をやっています!!
1度見に行ったんですが、その時は混んでたのでとりあえず人がいない絵だけを選んで見ました。
改めてもう一回行ってみると....
もっと混んでる!!!平日なのに!

ご年配の方はみんなイヤホンガイドを聴きながら見てらっしゃるので
一定の早さで歩くのですが、私はじっくり見たいのは見たいし一定には歩けない、、、
なので後ろの方に立ってたり、あれやこれや工夫してどうにかこうにか。

状態のいい、その名の通り名品と言える浮世絵が、これみんな外国のモノかよっと何だか複雑な気分ではありましたが、彫師の繊細さ、摺師の工夫、絵師の大胆な筆遣いなど、もう楽しくて仕方ありません。

yuudati.gif
特に春信の作品が数多く展示されていました。
浮世絵は私はどうしても北斎先生を筆頭に国芳、芳年、英泉などを中心に見てしまうのですが、改めてじっくりと見た生の春信作品は、恐ろしいほどに繊細。なんか淫靡。
評価が高い理由が今更ながらわかった気がします。

ちなみに↑この作品は昔のカレンダー。カレンダー自体は幕府の公認かなんかじゃないと出せないとか規制があったのですが、こっそりと文字を入れてその目を逃れている、有名な画。


そう多くはありませんが、私淑している北斎先生の作品もありました。

081127_0120~01
『雪松に鶴』
図録から携帯で撮影。う~ん、実物の迫力が全然出ない。。。色ももっと鮮やかだし。
でも、この画がものすごく良い。さすが先生、って感じ。
超男らしい線、神経質なのに大胆。
これはガン見してパワーもらってきました。

北斎のすごいところは、彼に描けないものはこの世に存在しない、というところ。
人物も景色も、虫も鳥も、エロも、ギャグも、水も風も、もう何でも。
構図もここしかない!というところで確信もってキメてる。
ため息しかでません。素晴らしい。
そして、花鳥風月などを描いても、なんかパンクを感じるんですよ。
あぁ、もう、やっぱ北斎先生すごすぎ。
日本の宝。

やっぱね、
迷いのない線
これに尽きます。永遠に捉えられないかもしれない課題です。

浮世絵を見ると、やっぱり日本のマンガ文化はここから始まった、と分かります。
写実以上に精神的な写実をしてると思うのです。
実際にはこんな筋肉の線ありえねぇ、って線も、より伝える絵としては必要だったりします。

それにしても先人の技術はパねぇ~ともう、ため息ばっか出ました。
素晴らしき哉、浮世絵。最高。


スポンサーサイト
初めまして(*^-^*)
趣味で絵を描いているのですが、浮世絵に興味があって、勝手ながらブログ、チェックさせていただいてます☆

NATSUも浮世絵展行ってみたいです~♪
アンナさんのこのブログをチェックするまで、浮世絵展がやってること、知りませんでした。
江戸東京博物館ですね??
早速行ってみたいと思います☆


これからもチェックさせていただきますね(*^ω^*)

【2008/11/28 Fri】 URL // NATSU #- [ 編集 ]
ありがとうございます。
浮世絵展、今日と明日で終了、国内の巡回ももうないので是非!
【2008/11/29 Sat】 URL // ANNA #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://anna69s.blog101.fc2.com/tb.php/304-b66c139e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2007 ANNA69s all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。