プロフィール

ツバキアンナ

Author:ツバキアンナ
画を描いたり、意匠を考えたりしながら、酒呑み&そのためのランだけは頑張ってる日々。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム
最近のコメント
リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
花形歌舞伎@新橋演舞場を観に行きました。
演目は『伽羅先代萩』と『龍虎』。どっちも初めて。

DSCN3926.jpg
いつもお世話になっている呉服屋さん経由で年に何回か席が取れる舞台があるのです。お安く良席で観劇できます。(もちろんそれ以前にそれ以上貢いでるのですが)

休憩時間合わせて全部で4時間。結構な長丁場ですから睡魔との戦い~な魔の時間も必ず1回は訪れるのですが、、、
mie.jpg
こういう顔、なんていうのか知りません、私は勝手に「カブキフェイス」と呼んでるのですが、この寄り目というかなんというか。
これが非常ーーーーーにウマいのが海老蔵さんだと個人的に思っています。
今回は花道から1mとないところのお席だったもんで、しかも目の前で見得を切ったものですからスッッゴい迫力。パねえというかヤバイというか。
ヒール役だったんですが、ホント怖いんですww。
おかげで目が覚めました。
でもって見事な色気。

後ろの方でオバチャマ方たちが「こわーーーい」「あらぁーー」とかビビってて笑いました。
でも海老蔵さんが舞台へと去って行った直後に「ステキーー♥」「かっこいいいい」と。
本当にかっこよかったです。悪役似合い過ぎ、ハマり過ぎ。

あと『龍虎』という最後の舞。愛ノ助さんが龍、獅堂さんが虎。
普段歌舞伎鑑賞でついつい舞のところでこれまた睡魔に襲われたりすることが多いのですが、これは面白く最後まできっちり見ました。わかりやすいからでしょうか。
龍と虎の戦い。墨絵で荒波が画かれた舞台もかっこよくて、引き込まれていってしまいました。


DSCN3929.jpg
さて、今日の着物は久米島紬。沖縄の久米島の伝統工芸品です。お気に入りの1枚。
着物の織物って糸を染める人と織り子さんが別、など、分業が多いのですが、久米島紬は図案作りから仕上げまで1人で作業が行われます。
仕上げは「きぬた打ち」といって何百回と布地を叩くそうです。これで生地がしなやかになるのですが、しっかり織られてないとヘコたれてしまうそうで。
だからでしょうか、もー本当に着心地最高。

この反物に出会うまでは私は衣服における茶色の存在意義をまったく理解出来ない~って思ってました。でも、この草木染めによる深い茶色と出会って180度考え方が変わったのです。
これを誂えた後からは茶色いブーツなども買えるようになりました。
茶色って実に幅が広い。

型染めのちりめんの帯を角だしで。衿元にちらりと赤く見えるのは紅葉の刺繍。帯〆と帯揚げも赤、簪も友達が作ってくれた赤い華のもので、紅葉の季節を表してみましたよ。

DSCN3933.jpg
足袋にも紅葉の刺繍。


だいーぶ寒くなりましたね。紅葉もきっと進んだことでしょう。
来週はチラっと京都へ行きます。





-------------------------------------------------
追記:
カブキフェイスと私が勝手に呼んでるのは「にらみ」というのですね。
しかも海老蔵さんがウマいというより、成田屋さんしかやらないのですね、、、。
勉強不足、大変失礼しました。
それにしても、一度は生で見てみることをオススメいたします。ヤバイ!
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://anna69s.blog101.fc2.com/tb.php/294-89b930dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2007 ANNA69s all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。