プロフィール

ツバキアンナ

Author:ツバキアンナ
画を描いたり、意匠を考えたりしながら、酒呑み&そのためのランだけは頑張ってる日々。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム
最近のコメント
リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私がお世話になっている小西酒造さん主催のイベント『江戸文化と伊丹酒を楽しむ会』という、
素敵な会に呼ばれて行ってまいりました。@シティクラブオブ東京

私は客としてというより、ゲストとしてお客様の前でお話をする立場として呼ばれました。
といっても、木村克己さんという日本を代表するソムリエの方のお話にちょろちょろっと混ぜてもらう程度ですが。

会の趣旨としては伊丹のお酒と食のマリアージュを楽しもう!というざっくばらんなところを通して、歴史ある伊丹の酒をもっと知ってもらおうというものです。

カメラをお願いするのを忘れていたので私がちょろっとお話してるところはございませんが、
DSCN3731.jpg
お食事中。右の奥が私です。自分のデザインを刺繍紋で入れた大島紬を着て行きました。
隣にいる着物の女性は超×3セレブマダムのお友達です。絞りの見事な着物をお召しです。
また同じテーブルの方々も、ワインやお酒に造詣の深い人たちばかりで、私のようなチンピラはもう必死でございましたわよ。

DSCN3754.jpg
焼いた経木の間には鴨肉です。秋~な一品。

DSCN3755.jpg
非売品!のお酒で、私も初めて呑みました。在庫も残りわずかだそうで、、、
こっくりドッシリの力強いお酒でございました。

DSCN3756.jpg
お食事のお寿司。下は各料理に合わせたお酒の説明書き。

DSCN3752.jpg
ボケボケですが、小西酒造さんのお宝の数々。長~い歴史ある酒造メーカーさんなので蔵にお宝がたくさんあります。近藤勇の借用書なども普通にあってびっくりです。

ソムリエの木村さんは非常にわかりやすく日本酒そのものや日本酒の歴史についてお話ししてくださいました。
実務的にというか、すぐ役に立つ豆知識も頂戴しました。
家でお燗するときは、鍋のお湯をいったん沸騰させて、ティーカップ一杯のお水を差すとちょうど燗するのに良い温度になるそうです。
早速やってみましょう。

専門で何かを極めてる方はどの分野でもすごいですね。
私のようにつまみ食いばっかな人間はどうも中途半端でいけない、、、。

それにしても日本酒というのは刺身を筆頭に日本食にこれ以上あう酒はない!っていう酒です。
あんまり日本酒は好きじゃない、という方も、
DSCN3342.jpg
こちら天ノ稲女(アメノイナメ)、おすすめです!!!
この会では食前酒として出されました。甘く、ほどよい酸味のある純米吟醸酒です。
販売は、、、そろそろだとは思いますが、、、はっきりしなくてごめんなさい。
近々入手しようと考えてますので、気になる方ご一報ください。。。といっても確証はありませんが。でもいろんな人に呑んでもらいたいお酒です。
田んぼを見て「地の神がいるならそれは女だ!」と思い豊穣を願いデザインしました。
色気のある神に違いないと勝手に想像しています。
さわやかな色気のあるお酒だと思いますよー。


スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://anna69s.blog101.fc2.com/tb.php/287-487be9af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2007 ANNA69s all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。