プロフィール

ツバキアンナ

Author:ツバキアンナ
画を描いたり、意匠を考えたりしながら、酒呑み&そのためのランだけは頑張ってる日々。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム
最近のコメント
リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PICT1519.jpg


こちらは、知人の結婚にあたり、頼まれて描きました夫妻の画の一部です。日本画材を使っています。納期に間に合うかどうか、まったく予想がつかなかったし、梅雨の時期はとにかく絵の具が乾かない。でも大詰めの日は見事に風のある乾燥気味の日でした~!

無事に描き上げたものの、やはり特定の人物を描いて、且つその本人に差し上げるというのは本当に緊張します。が、おかげさまでとっっっても喜んでいただけましたよ!もう本当に嬉しい。かなり嬉しい。同時に肩の荷が降りたのと、ちょっと手を離れて寂しい気分と交錯しています。あ~でも本当によかった。

めでたい画ですから描いてる間は楽しい気分になるよう心掛けました。「幸せになりますように」とか「金運がよくなりますように」とか、純金粉を散らしつつ、そういうポジティブな気を盛込んだつもりです。言霊..言葉に霊が宿るように、画にも某かのものは宿ると思うんですよね。

ちなみにこういった個人の御依頼も承ります。もちろんお代はいただきますが、気持ちを込めて描かせていただきます。

また今日は、頼まれまして、日本画のお教室のモデルをしました。カメラの前と違い、ずっと動かず、同じ姿勢をキープするんです。日頃ゆるいながらも鍛えているので、どうにかなりましたが。初体験ですが楽しかったです。

と、日本画ネタが続いたついでに日本画豆知識:
「日本画」は明治以降に洋画と区別するためについた名称で、もともとはみんな日本画でした。しかも歴史で言えば千数百年!ものすごい長い間、技法も素材も受け継いできてるんですよ、すごい!もともと中国から朝鮮を渡ってやってきたものですが、今や日本でのみ行われる様式だそうで、ここにも日本人のヲタク気質、もとい、職人気質が綿々と続いているのですね。

日本画材はとっても高い。そこが難。紙も高いし。岩絵の具は色によってはものすごく高い。というか基本的に高い。筆も....。でもその長い歴史やら、仕上がりの風合いやら、何にも替え難いものがあり、とっても魅力的です。私は言うまでもなく、浮世絵大好きですが、肉筆画を、より愛しているのです。



スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://anna69s.blog101.fc2.com/tb.php/23-89863002
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
人物をたくさん集めました  【2007/08/04 Sat】
■日々是好日   「無量童子のかたちは慈悲の姿」   掌を合わす己が心に佛あり。合掌■高垣康平   1935年岐阜県郡上郡に生れる   布施信介先生に師事、中国南京芸術学院に   学ぶ。得度、水墨画にて仏画を描く、以後全国   にて個展、安城市公民館に無量童
[ 日本画をあなたに捧げます ]
小杉放庵「花咲翁」難あり  【2007/08/11 Sat】
200円引き!・旅日記・松本篇その2 100人
[ 日本画がいっぱい ]
高砂(今瀬良亭作)掛軸  【2007/08/12 Sun】
■高砂(たかさご)   古くは「相生の松」と呼ばれ、住吉の   松と高砂の松が夫婦であると言う   伝説を素材とし、天下安泰夫婦和合を   祝福した荘重で気品高い作品です。   婚礼・長寿祝い等に用いられます。■今瀬良亭(いませりょうてい)   昭和26年
[ 日本画をたくさん集めました ]
人物がすごくよかった  【2007/08/12 Sun】
■おかげさま   「無量童子のかたちは慈悲の姿」   掌を合わす己が心に佛あり。合掌■高垣康平   1935年岐阜県郡上郡に生れる   布施信介先生に師事、中国南京芸術学院に   学ぶ。得度、水墨画にて仏画を描く、以後全国   にて個展、安城市公民館に無量童
[ 日本画をあなたに捧げます ]
高砂(八木輝昭作)掛軸  【2007/09/05 Wed】
■高砂(たかさご)   古くは「相生の松」と呼ばれ、住吉の   松と高砂の松が夫婦であると言う   伝説を素材とし、天下安泰夫婦和合を   祝福した荘重で気品高い作品です。   婚礼・長寿祝い等に用いられます。■八木輝昭(やぎてるあき)   墨彩会会員、
[ 日本画がいっぱい ]
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2007 ANNA69s all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。