プロフィール

ツバキアンナ

Author:ツバキアンナ
画を描いたり、意匠を考えたりしながら、酒呑み&そのためのランだけは頑張ってる日々。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム
最近のコメント
リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
劇団☆新感線『IZO』を見てまいりました。

『五右衛門ロック』のご縁です。


DSCN1411.jpg
『IZO』は東京はそろそろ最終日ですが大阪公演はこれからだし、ネタバレになってもイケナイので言えないことばっかりですが、もう最後はボロンボロン泣いてしまいました。切ない、切なすぎる!人間の存在自体が切ない!森田剛くん、完全にこの舞台での以蔵を獲得していました。

舞台って歌舞伎以外だと後輩がいる大駱駝艦とか、友達が座長のひげ太夫は縁があり、かつとっても面白いのでよく見ているものの、他の舞台はなかなか機会がなかったのですが、今日でいろいろ変わりました。舞台ってすっごい!友達や知り合いに舞台好きが何人かいますが、ようやく気持ちがわかった次第。DVDとかネットとかいろいろ便利になってもやっぱり生の威力って確実に強大。

面白い演出がたっくさんちりばめられていますが、血がブシューと本当になるところにびっくり。以蔵の時代=幕末なので血が出まくりでしたが、そこにはいちいち反応して感動しておりました。

歴史モノは解釈し表現する人によっていろいろ変わります。
岡田以蔵は司馬遼太郎氏の小説、三池監督の映画と見てきましたが、いろんな切り取り方をしています。気になる男、なんですよね、以蔵って。そしてこの『IZO』岡田以蔵は本当にせつない。まっすぐにか走れず、ぶつかるまで止まれない生き方...。せつない。
余韻がしばらく残っておりました。

余韻と言えば、脳内しばらく土佐弁や「~もはんど」といった薩摩弁が飛んでいました。でも実際発音するのって難しくて口から出る事はありませんでしたが。

自分にとって久々の幕末モノ、
男達がたくさん血を流した時代を五臓六腑にしみわたるまで堪能できて、大満足でした。

スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://anna69s.blog101.fc2.com/tb.php/132-c7b9e293
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2007 ANNA69s all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。