プロフィール

ツバキアンナ

Author:ツバキアンナ
画を描いたり、意匠を考えたりしながら、酒呑み&そのためのランだけは頑張ってる日々。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム
最近のコメント
リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSCN2973.jpg
巨匠、赤塚不二夫氏が天に召されました。
今読んでも彼が描いたギャグはぶっ飛んでいて、時にシュールであり、時に本気でばかばかしく新鮮です。本当に残念です。
「天才バカボン」の大事な第一巻、これもまたTVで見るよりシュールで面白く、オモロいから読んで読んでーと、昔つきあってた男の家に持っていったまま、、、あぁもったいない。

ご冥福をお祈りいたします。


話は変わり、
みちのくひとり旅より先ほど戻りました。
今日は炎天下の中、本気で歩き過ぎて疲労困憊。しかもヒールで。気管支炎ももちろん続行中。帰ってきたらキャミソールとか塩ふいてましたよ。ジーンズも湿ってるし。
でも無事に北上にて鹿との再会を果たし、酒蔵も見学、仙台のちょっと先にあるアラハバキ神社も発見、多賀城跡もグルリと巡ってきました。

仙台って、、、伊達政宗で有名なのですね。もう全然知らなくて超スルーして多賀城跡だけに行く人は本当に少ない...ってかほぼゼロに違いない...
城跡近辺では人が全然歩いてないんだもん、ちょっと寂しかったですよ。
マニアックというか興味ある人少ないジャンルとは思いますが、明日以降レポート予定。
寝ます。

スポンサーサイト
DSCN1809.jpg
満開。散り初め。

櫻といえば春、春と言えば色事。江戸の色事は大らかで楽しい。実際に江戸を生きたことなんかないけど、文献を漁る限り、色ごとがもうぐちゃぐちゃで面白い。

「おぢさんを まかしたと乳母 茶臼なり」
乳母が子供をだますのです、おっちゃんをやっつけたよ、といいながら騎乗位。

「とろろの出来も 摺こぎの摺り加減」
まんまですね

「その味を 知らぬは指の 親子なり」
入るのは真ん中の3本の指だけだから...

川柳などなど楽しんでいた様子のわかるものがたくさん残っています。
男色もものすごい盛り上がりを見せていた江戸。今で言うタブーはあって無いが如し。

「死ぬ死ぬと 泣いて嬉しき 床の海」
いいですね。情景が浮かびます。
どんなに忙しくても枯れず、この句のように楽しくやっていきたいと
櫻を愛でつつ思ったのでした。


hara.jpg
『五右衛門ロック』のフライヤーの一部ですね。腹毛。
これを鉄道関係まわり、例えば駅のポスターや中吊り広告、こういったものに出す事はできないんだそうです。先日の蘇民祭のポスターと同じような理由なのでしょう。

このフライヤーは貼るためではなく配るためのものですし、直接、規制の対象になっているわけではないんですけどね。

この腹、気に入ってるのになぁ。
陰毛とつながってる...と想像させるから?
てか毛深い人の裸はダメなの?
(私も毛深いけど)
毛深い女の腹ならいいの?それはだめ?

日本の欧米化も甚だしいなぁ。
私は子供じみてると言われたとしても
こうやって規制されると余計に「上等だー!」という気持ちになって余計なんか描いてやろうという気になりますけどね。

ずっと携帯で待受画像を配信してますが、これもいつの頃からかエロがNGになっています。
乳首とかがね、ダメに。陰毛ももちろんダメ。



さらに今、人権擁護法案というものを成立させようとしている国会議員たちがいます。
これが通ると今現在の状況以上に表現の自由は完全になくなります。
腹毛を描いた私の絵をセクハラだ!と訴える人がもし現れたら
私は令状無しに家宅捜索とかされちゃったりするかもなのです。うきゃ~。
「人権擁護法案」でググってみてください。
TVでほとんど報道されてないけど、とってもヤバいので是非注目してください。

DSCN1607.jpg
DSCN1608.jpg
DSCN1609.jpg
本日の打ち合わせは焼き肉屋。中目黒の「深山」というお店で。
焼肉が辛いお年頃になって2、3年...年に1回くらいしか食べないのですが、たまに食べると美味しいですね。今までハラミの美味しさわからなかったけど、ここのハラミ、上ハラミではなく普通のハラミが美味しかった!
こちらは日本酒は1銘柄しか置いてなかったので最初にそれ呑んで、後は焼酎で。
上から、ユッケ(のり巻きになってる)、レバ刺し、ハラミです。


さて
焼肉と全然関係ない話ですが、LOVE & PEACE...ラブ&ピースという言葉がここ数年どうも自分の中でしっくりこなくなりました。素敵な言葉だとも思う反面、何か大事な事を見落とす危険性もあるのでは?と思うようになりました。うまく説明できないけど。そもそも「平和」とか「平等」とかとかあんまり好きな単語じゃないし、江戸時代になかった響きじゃなかろうか...。

で、そんなことを考えてた時に、DMC(デトロイトメタルシティ)4巻を読んだのですが、なんと目からウロコなセリフを根岸(というかクラウザーさん)が言っていた!

   「ラブ&ペニス」!!!

なんという五穀豊穣なお言葉。感動です。





poster.jpg
素晴らしい...さすが岩手...。

JR東日本が人に不快感を与える恐れがあるという、バカ丸出しな理由で掲示拒否をされたことで一躍有名になりました蘇民祭
JR東日本の人全員がではないでしょうが、なんという西欧文化まみれ精神。がっかり。
去年より岩手大好き女な私はもちろん注目しましたよ。この男汁炸裂縄文な迫り来る迫力はなかなか出そうと思っても出せませんっ。このポスターが街に貼られているということだけでワクワクしそうでうらやましい。

この写真を撮った方も撮られた方も、どうか今まで通り普通に祭りを撮り、祭りに参加していただきたいものです。

おかげで私も目標の1つとして今回の蘇民祭のポスターのように、「日本文化をわかってないアホどもにセクハラ呼ばわりされるような」画を描く!というのも掲げることにしました。

待ち受け画像配信をしているのですが、こちらも実はエロ画には規制がかかるようになり肝心な部分(乳首であったり下の方であったり)が描かれてると配信できないようになっています。ですから最近はその手の画はトリミングしてばかり...。なんという....このようなアメリカ化は余計犯罪を生むぞ、と飛躍し過ぎかもですが私はそう考えています。かといって煽るようなものも描くつもりはありません。あくまでもは人生につきものですから排除できないというだけです。

今さら江戸時代より前の日本をそのまま当てはめる事はできませんが、飛脚とかみんな尻出して走ってたわけですよ、なんというかっこよさ!これを野蛮とかセクハラとかいうのは西欧目線だと思うのです。日本は日本の目線を保ちたい。

とはいえお祭りの本文は五穀豊穣を願ったりすることですからね。そこをわきまえつつ、敬意をここに表します。



私もね、毛深いんですよ。腕毛があまりにもすごくて電車で知らないカップルに笑われたくらいですから(fuck!)。
結局足の毛の薄い男よりひどかったスネ毛とともに永久脱毛してしまいましたが、今頃になって「縄文のの証だったのに...」と少々後悔しています。



// HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2007 ANNA69s all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。