fc2ブログ
プロフィール

ツバキアンナ

Author:ツバキアンナ
画を描いたり、意匠を考えたりしながら、酒呑み&そのためのランだけは頑張ってる日々。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム
最近のコメント
リンク
毎年7月13日〜16日の靖國神社みたままつり
今年も大盛況のうちに会期を終えました


DSCN6522.jpg
いやー、すんごい人、人、人
年々人が増えてます

DSCN6512.jpg
ツバキの献灯を探しております

1405596780418.jpg
毎年なんとなく同じ場所にあります

DSCN6495.jpg
そして雪洞も発見

DSCN6550.jpg
今年の画
縄文と山の民と日輪と、あれこれ混ぜました
日本人としてのルーツ、そしてそれを誇る気持ち
そんなものを描いたつもりです

DSCN6510.jpg
光の祭典、とは本当にその通り
写真を撮らずにはおられません

なにより、今の日本があるのは英霊のおかげ
昇殿参拝して御礼を申し上げてまいりましたよ

DSCN6527.jpg
なんと!靖國からの帰りに美味しいお酒をいただいたさくらさくらの前でオリンピックおじさんに遭遇!
雪洞奉納つながりです

DSCN6546.jpg
こちらです

献灯の美しいこと、長い参道を埋め尽くすありとあらゆる屋台
昭和の風情たっぷりの見世物小屋&お化け屋敷
毎年毎年、なんと楽しい祭か!と思います

まだ行った事無い方
来年もまた7月13〜16日にあるはずです
是非是非訪れてみてください




今日、7月13日から靖國神社にてみたままつりが始まります!

恒例となっております、奉納揮毫雪洞、今年も私描かせていただいております。
献灯もしています。
どちらも是非是非探してみてください。

夜は提灯が明るく灯ってよりきれいだけど
昼間ももちろん屋台などで楽しめます。

このまつりにある屋台がすごい、多分ここに無い屋台はないんじゃなかろーか??
バリエーションすごい。

そして見世物小屋!
私はここでしか見たこと無いけど他でもやるのかしら。
生きたままの蛇を食べる小雪太夫ちゃんを見た衝撃は未だにわすれられません。

注)以下写真は去年のものです
DSCN5285.jpg
こんな感じでゲキ混みなんです。
今日も行きたいけど混んでるだろうな、平日行きます!

それにしても提灯が美しいですね。

DSCN5349.jpg
なんとなくうっすらとサブカル地帯なのかなぁ、どうなんでしょ
私の献灯はいつも割と似たような場所にあります。
でも第二鳥居に近くて探しやすい場所です。

DSCN5376.jpg
去年の雪洞の前で。有松鳴海絞りの浴衣に久留米絣の半巾帯。

今年はまた雄々しい方向の画です。
雪洞は各界著名人のがありとても面白いです。
境内にあるし境内は参道ほどは混んでないので梅雨明前に一足早い夏祭り気分を味わってみてはいかがでしょう。
思想云々関係なく、とても昭和な香りぷんぷんの楽しい正しい夏祭りです。



靖國、、、で思想云々言った後になんですが
折しも集団的自衛権でぎゃーぎゃー騒がしいですね。

私はとにかく日本の「自立」、なんなら独立と言ってもいいかもですが
それがとにかく果たされなければ戦後は終わってない!
という主張が真ん中にあります。
なのでそもそもGHQに押し付けられた現憲法は改正すべきだし
9条さえなきゃ矛盾もなくなり自衛隊も楽になり
アメリカ様や中国様にぺこぺこすることもなくなり
、、、と簡単にはいかないでしょうが
とにかく日本の自立、このためになにをすべきか、ということを考えるべきでは?と思っています。

戦争反対!とか言って騒いでる人たちいますが
そんなの誰だって反対ですよ
でも反対反対言ってても意味がない、どうして回避して行くのかという案の一つとして
きちんと軍備するということがあると思います(例:スイス)

だいたい反対してる人たちは家を出るときに鍵閉めるんですかね?
閉めるでしょうね。
軍備もそういうこと、、、なんだと私は思っていますが。

そのためにはエネルギー問題も解消されなければいけませんね。
石油を輸入してるけどそれは紛争国からであり
そこでなにかあればそりゃあ見て見ぬふりというわけにいきません。

また現在4兆円だかが石油などを買うために赤字拡大しています。
景気よくしようとしたってこれじゃ難しいでしょう。
即廃炉が現実的でないなら、まずは安全を確保できているところから再稼働して
復興などにその無駄になってる4兆円を充ててほしいものです。

あれもイヤー、これもイヤー!なんて
親に甘えてる子供ですね。日本だから許される。わー、なんて良い国でしょう。
戦争反対!というなら中国大使館の前とかに言って叫んでほしいものですよ。

まちがっても靖國周辺で騒がないでくださいね。
英霊はみな戦争は二度と御免だと思ってらっしゃるはず。
今の日本があるのは踏ん張ってくれた英霊のおかげ、
感謝です。



さきほど速報で「安倍総理、靖国参拝」とのニュースが

速報で伝えるところがもう日本の現状がおかしいと思うのですが
いやー、びっくり!

でもヘリ飛ばして報道するってどーなのでしょう
参拝って静かに静かな気持ちでするものなのに
邪魔するなと申し上げたい

「どこどこの国との軋轢が〜」という論調なのでしょうが
参拝してもしなくても変わらないのであれば普通に参拝するしかないでしょう

米国も〜という方、勝った国であるからアーリントン墓地を訪問しても良いと??
負けたから参拝するなと?


とにもかくにも、いやー、嬉しいニュースでした

DSCN5285.jpgDSCN5319.jpg
今年のみたままつり

英霊も喜んでいるに違いありません




首相が参拝するだしないだとか、真榊奉納しただとか
しょーもないことがニュースになっていますね

戦争で喜んで戦った人などほとんどいないでしょう
みな、家族を守る!という思いで出陣していったのです
その気持ちと行動に敬意を払い、社に祈りを捧げることの何が悪いのでしょう

アメリカのアーリントン墓地も戦没者慰霊の場ですが行ったことがあります
歴史上では「アメリカふざけんな」と思いますが
戦った個々の兵士に対してはそうは思いません


例大祭の案内が毎回届いていますが
なんだかんだとタイミングと気持ちとが合わずいましたが
今回はなんでしょう、「行かねば!」と思ったので参列してまいりました

IMAG0330.jpg
拝殿の様子は撮影不可なのでお伝え出来ませんが
神社のいつも通り、淡々としてて
静かに祈りを捧げることができました

IMAG0333.jpg
神饌です
ありがたくいただきました



右だの左だの、ってすぐ大きくふりわけようとしますが
そうではなく
まずは独立!!
日本は靖國参拝でもごちゃごちゃ言われ、というか言われてるよーっって騒ぐ人が多く
また、戦勝国が適当に作った憲法をありがたーく守ろうとしてたりとか
自国を自衛するのにも文句言う人も多いし
独立とはほど遠いなと思うのです
早く独立できますように、、、いつも私が願うのはこのことでございます




今年も7/13〜16に靖國神社でみたままつりが開催されました。

「すんごい祭なので是非一度行ってみてね」といろんな知人友人に声をかけていますが
実際行った方々は皆さん口をそろえて「あんなに人がいると思わなかった」「すごい!」と
想像以上だった的なことを言います。
本当にたくさんの来場者。

英霊に敬礼、というつもりで
そして英霊にまつりを楽しんでいただければというつもりで
私は毎年献灯+雪洞画奉納、とさせていただいています。

去年の画が頒布ポストカードになったという名誉に感じ入りながら今年も参加です。

DSCN5358.jpg
夜になるとこの提灯が圧巻の美しさ!

DSCN5318.jpg
こちらが今年の奉納画です。
昨年が荒ぶる魂、男神だったので今年は和魂(にぎたま)、女神。
富士山が世界遺産に登録されたのに乗っかり(?!)富士山の神様コノハナサクヤヒメを意識して。

DSCN5381.jpg
雪洞画はいろんな方の揮毫、、、書や画、とても楽しいです。
この長州力氏の毛筆、すっっごく良いですね。ポストカードの10点に選ばれてもおかしくない!と思いました。

DSCN5386.jpg
歌丸師匠の画力にもびっくり!

あとちばてつや先生、松本零士先生、他、いつも達筆な李登輝氏、
本当に毎年見応え十二分、とても面白いですよ、みたままつり!!

DSCN5336.jpg
それにしても今年も来場者数すごかった!!

DSCN5389.jpg
最後に私の出で立ち。
2回行きました。どちらも絞りの浴衣着て。
一度目は藤井絞りさんの、2度目は有松鳴海絞り。

大勢の浴衣姿を見ました。
ミニスカートか!!!というようなお端折があったりいろいろいろいろありますが
それでも何よりも、若い子が浴衣着てまつりに行く、、、、それだけのことがとても嬉しいです。


数年前のみたままつりの写真を見てみたところ...
DSCN2695.jpg
今は亡き中川昭一氏の献灯の写真を発見(´;ω;`)
もどかしくイライラしたであろう3年ちょいが過ぎ
来る21日の選挙で少しは安堵の気持ちになるのでしょうか、天で見守ってるに違いありません。

右だの左だのすぐ言う輩が多いですが
国を思う気持ちに右左はありません。
真の左翼があまりにも少ない現状、国益を論じようにも議論にすらならないですが
少しずつ、また、ひとりでも多くの方々に、
英霊に対する認識を(表面的にとか報道で言われてるようにとかではなく)
掘り下げられますように、、、と祈るばかりです。




BACK  // HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2007 ANNA69s all rights reserved.